2018/05/19

BS-POP:慢性腰痛患者の精神医学的問題の有無を判断する簡易質問票(使用法・カットオフ値)




今回は腰痛治療に少し役立つ評価方法のお話です。

明らかな器質的異常が認められない非特異的腰痛では、その80%に抑うつ状態が認められるといわれており、系統的レビューでは一ヶ月以上の治療で効果が得られない場合には画像検査の他に精神心理的因子の関与についても再評価すべきと示されています。
 
そのような精神医学的問題を有する場合、臨床ではよくBS-POPという質問用紙評価を行います。
今回はBS-POPの簡単な使い方とカットオフ値を掲載しましたのでご参考までに♪
 
 

 

■目次


 ▶BS-POPとは
 ▶評価方法
 ▶結果の解釈




続きを読む

2018/01/21

ALS(筋萎縮性側索硬化症)ってどういう病気?~障害評価~





checklist-1919328_1920.png



記事作成者:nocchiyan 
NSCPT管理メンバー紹介



あけましておめでとうございます。NSCPTメンバーのnocchiyanです!
今年も臨床に役立てるようなお話ができるように日々精進していきますので何卒よろしくお願い致します。

それでは、早速今回は前年に引き続きいてALSの障害評価についてお話します。


(前回記事)
ALS(筋萎縮性側索硬化症)ってどういう病気?~概要:病型・症状・機序・進行速度(予後)について~
ALS(筋萎縮性側索硬化症)ってどういう病気?~診断と生命予後、予後不良因子について~



■目次


 ▶1、ALS障害評価
 ▶2、その他の評価
 ▶3、参考資料



続きを読む

2018/01/15

「ありがとう」の一言は人の存在価値を高める





hand-819279_1920.jpg



こんばんは!
普段は急性期の総合病院で理学療法士として働いているtakeです。 

今回はいつもの専門知識とは違った内容の記事です。





今日の仕事中、僕は患者さんとのやりとりの中でふと大事なことに気がつかされました。

本当に大事なことだったので、みなさんとシェアさせていただきたくこの内容について書かせていただきます。




続きを読む

2017/12/18

ALS(筋萎縮性側索硬化症)ってどういう病気?~診断と生命予後、予後不良因子について~





hospice-1794112_1920_20171213101911f2d.jpg




記事作成者:nocchiyan 
NSCPT管理メンバー紹介




こんにちは!
前回に引き続き筋萎縮性側索硬化症(以下ALS)についての記事です。

今回は「ALSの診断基準と生命予後、予後不良因子」についてです。


ALSの記事を初めて読まれる方は以下の記事から読んでいただくと概要がわかって理解しやすくなります。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)ってどういう病気?~概要:病型・症状・機序・進行速度(予後)について~
※「予後」については前回の記事中で進行速度の話と合わせて情報を掲載していますのでこちらもご参照ください。





■目次


 ▶1、ALS診断における必須事項
 ▶2、Awaji基準

 ▶3、生命予後
 ▶4、予後不良因子
 ▶5、参考資料



続きを読む

2017/12/16

リハや看護に役立つ骨髄抑制(血球減少)とリスク~好中球・血小板・ヘモグロビン減少の注意点~





blood-collection-1949258_1920.jpg

 
 

 
本日は、がんの化学療法中によく見られる骨髄抑制(血球減少)とリスクについてです。
今回の情報はがんリハ研修会の時に習った内容(好中球・血小板・ヘモグロビン減少の具体的な数値と注意)をメモとして残しておくために掲載しました!


色んな疾患を担当しているので、数値とその意味はよく忘れますので・・笑


臨床上の注意点も加えて掲載しておりますのでご参考までに。

 
 
 

■目次


 ▶好中球数と重症感染症発生率
 ▶血小板数と出血リスク
 ▶血小板数による運動療法の選択
 ▶ヘモグロビン量と貧血症状
 ▶骨髄抑制(血球減少)への対応
 ▶参考資料



続きを読む