2017/09/17

より効果の高い治療を求めている近況~筋膜調整とピラティス~





こんにちは、NSCPT管理人のtakeです!



最近はNSCPTの投稿が少し滞っていますが、僕はというと筋膜治療とピラティスの技術を上げる日々が続いております。



そして、今週末はこれらの治療法の関連でちょっと嬉しい出来事があったのでご報告です。



続きを読む

2017/08/17

免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)実施時の看護・リハ時の注意点





cold-1974481_1920.jpg




免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)は神経内科疾患の患者さんを担当した際などによく目にすることがあると思います。IVIg中には、色々と気をつけなければならない点があるので看護やリハを行う際には注意が必要です。

今回は「免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)実施時の注意点」をリハ視点から簡単にまとめてみました。



■目次


 ▶IVIgが試みられている疾患
 ▶IVIgの投与方法
 ▶IVIgの作用・効果
 ▶IVIgの副作用と重症度、対策、リハ時の注意点
 ▶参考資料

続きを読む

2017/07/14

末梢留置型中心静脈カテーテル(PICC)挿入時の注意点〜特徴・管理・手技・ポイント〜





circulatory-41523_1280.png


今日はいつものようにベッドサイドで患者さんの治療に伺うと、上腕部に初めて見るタイプの点滴が挿入されていました。
壁に張り紙がしてあり、「右上肢はPICCあるので血圧測定や採血禁止!」との張り紙あり・・


「ピーアイシーシー?」


なんだそれ?っというような感じでよくわからなかったため、論文を読みあさってPICCについて詳細に調べてみました。


PICC挿入時の注意点、特徴・管理・手技や、注意するポイントが分かったのでこれについてお話しします。




■目次


 ▶PICCとは
 ▶PICCの特徴・管理・手技

 ▶PICCが挿入されている患者さんの運動・リハをする際の注意点

 ▶その他の注意しておきたいポイント
 ▶参考資料




続きを読む

2017/06/11

見よう見まねでやっても効果がない!効果的なブリッジの方法をマスターしましょう♪





fitness-1327255_1920.jpg



理学療法中によく行う運動の一つにブリッジがありますが、みなさんはこれを効果的に行えていますでしょうか。



臀筋や体幹を鍛える目的でやっていることが多いかと思いますが、この運動は見よう見まねでやっていても治療効果は乏しく、非常に難しいエクササイズです。


上手く指導ができなければこれらの筋群を効果的に鍛えることはできないばかりか、特有の代償運動ばかりを誘発してしまい、逆に代償的な姿勢制御の学習を促進させてしまうこと多々あるため、注意が必要です。


そこで、今回はこのブリッジ運動をより効果的に行う方法をご紹介します。




■目次


 ▶ 主に強化できる部位
 ▶代償的に使用しやすい部分
 ▶効果的なブリッジの方法

続きを読む

2017/05/31

今の職場辞めたいってボヤいている人・・「気がつけば3年経過していました。」 ってなったら怖いですね。





IMG_0342 2



本日はいつもとはちょっと違う投稿です。


僕は今年の4月に7年間働いた職場を退職し、別の職場に移動しました。


移動して早いこと…既に2ヶ月が経ちました。





以前働いていた職場は本当に楽しくて良い場所だったのですが、今後の嫁の出産や親が歳をとっていくこと、実家の近くで開業しようと思っていることなど色々なことを考え、実家の近くの病院に職場を変えました。


職場が変わるときは本当に惜しみなかったのですが、変わると良いこともたくさんありました。


続きを読む