2017/10/29

姿勢・アライメントの評価と治療②:補足)円背と頭部前方変位(上位交差症候群)






IMG_3383.jpg



以前に重心線とモーメントの記事を公開しましたが、今回はそこからちょっと発展してよくみられる不良姿勢とその治療のための運動療法についての記事を連載中です。




各姿勢の特徴を掴めば評価はより簡単になり、治療は自ずと決定するので、姿勢・アライメントの評価と治療が苦手な方は是非見てみてください!



連載記事は以下のラインナップで順にお送りしており、前回は腰椎前弯姿勢(下位交差症候群)についてお話しました。
今回は、前回の腰椎前弯姿勢やその他の全ての姿勢で伴いやすい円背と頭部前方変位(上位交差症候群)について補足のご説明をしていきます♪

最後までお読みいただいた方にはとっておきのプレゼントもありまよ(*´꒳`*)





【姿勢・アライメントの評価と治療】
腰椎前弯姿勢(下位交差症候群)
補足)円背と頭部前方変位(上位交差症候群)
③フラットバック(平背)
④スウェイバック(後弯-平坦姿勢)
※これまでに掲載した記事は上記の文字↑をクリックすれば見られます。






■目次


 ▶1、姿勢の4つのパターン
 ▶2、円背と頭部前方変位とは?
 ▶3、特徴
 ▶4、治療方法(概要)
 ▶5、治療方法(エクササイズ)
 ▶6、参考資料

続きを読む

2017/10/29

ICF (国際生活機能分類)について





記事作成者:cascade 
NSCPT管理メンバー紹介



こんにちは、cascadeです。

今回は地域でのリハビリテーションにとって大事な考え方の一つであるICF (国際生活機能分類)についの考え方についてです。

ICFについてはおそらく大半の方が名前をご存じだろうと思います。

特に大学や専門学校など養成校時代に、制度とかの話のときに聞いたことがある程度でしょうか。


「あれでしょ?、ICIDHがICFの流れになったっていうやつでしょ?」


そんな声が聞こえてきそうです。
なんとなくの理解はあるかもしれません。


しかし、今後も地域包括ケアシステムを目指した地域リハビリテーションに向け、医療保険や介護保険制度の改正の流れが進んでいくなかにおいてこのICFの理念はとても重要になってくるでしょう。
地域包括ケアシステムとは


病院など医療機関で勤務しているセラピストの方たちもこのICFの理念を知っておくと、細部だけにとらわれない広い視点を持ったリハビリテーションができるのではないかと思います。

ただこのICF、学校などでは習ったけど、実際に臨床や介護の現場に出てからは、ICFを見たこともなければ使った事もない、そもそもICFをどう使ったらいいかわからない、などといった声も上がっています。


なので今回は、なるべく分かりやすくするよう、まず最初に実際の例に当てはめながら説明していき、さらに我々が実際に臨床などでどのように活かしていくかを考えていきたいと思います。

そしてその後にICFの歴史各項目についての詳しい内容について触れていきたいと思います。





■目次



 ▶1、ICF (国際生活機能分類)についての概要
 ▶2、リハビリテーションでのICFの活用
 ▶3、ICFの項目分類

 ▶4、ICFの歴史

 ▶5、まとめ
 ▶6、参考資料
 


続きを読む

2017/10/25

姿勢・アライメントの評価と治療①:腰椎前弯姿勢(下位交差症候群)






IMG_3325.jpg



以前に重心線とモーメントの記事を公開しましたが、今回はそこからちょっと発展してよくみられる不良姿勢とその治療のための運動療法についての記事です。
体表からわかるランドマークを用いた重心位置と姿勢の評価~力学的負荷の評価法と治療への応用方法~




各姿勢の特徴を掴めば評価はより簡単になり、治療は自ずと決まってきますので、姿勢・アライメントの評価と治療が苦手な方は是非見てみてください!



今回の連載記事は以下のラインナップで順にお送りしていきます。まずは①腰椎前弯姿勢(下位交差症候群)についてご説明していきます♪





【姿勢・アライメントの評価と治療】
①腰椎前弯姿勢(下位交差症候群)
補足)円背と頭部前方偏移(上位交差症候群)
③フラットバック(平背)
④スウェイバック(後弯-平坦姿勢)
※今後の連載記事は上記の文字↑をクリックすれば各記事に飛ぶように設定しています。






■目次


 ▶1、姿勢の4つのパターン
 ▶2、腰椎前弯姿勢とは?
 ▶3、特徴
 ▶4、治療方法(概要)

 ▶5、治療方法(エクササイズ)
 ▶6、参考資料

続きを読む