FC2ブログ
2018/07/20

腰痛治療に重要なレッドフラッグとは?該当する病態まとめ






記事作成者>青木



いわゆる腰痛症とは、「運動時や安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称」で原因がよく分からない非特異性腰痛とも言われています。腰痛症は多くの人が経験するもので古くから理学療法の対象となっています。

腰痛のうち、骨折・感染症・がん・変性疾患など、原因のはっきりしているものは約15%、残りの約85%は原因のはっきりしていないと言われています。

しかし、そんな腰痛の中にも危険な腰痛が潜んでいる事もあります。

それはレッドフラッグと言われる腰痛のことです。

理学療法を行う前の評価として、この危険な『レッドフラッグの腰痛の有無』の確認が重要となるため、今回はこのレッドフラッグはどのようなものが該当するのか掲載しました。



■目次


 ▶1、レッドフラッグとは
 ▶2、該当する病態
 ▶3、参考資料



スポンサードリンク







1、レッドフラッグとは?


レッドフラッグとは、

「脊柱原性の疼痛が悪性の病変(癌・感染症・馬尾神経障害など)に由来している可能性があることを示す臨床所見または兆候」

と定義されています。


レッドフラッグは全腰痛におけるわずか1~5%程度しかありません。

ほとんどの腰痛は時間が経てば自然に治ってしまうとも言われています。

しかし、レッドフラッグは命に関わるような病変の可能性があるため絶対に見逃すわけにはいきません。該当する所見がある場合は医師と連絡を取り注意深く評価、治療を進めなければなりません。




2、該当する病態


ヨーロッパ腰痛診療ガイドラインでは以下の項目に該当する際、精密な検査をするように勧告されています。

● 発症年齢が20歳未満か55歳超
成長期の腰痛の中には早期発見で治療が変わる疾患があります(分離症など)。
高齢者の腰痛もそれまでの持病やリスク増大によって悪性腫瘍・病的骨折など危険な腰痛の割合が増えます。

● 最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など) 
骨折している可能性があります。

● 進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係) 
「安静にしているのに24時間痛い」これは感染症などによる炎症を疑う必要があります。

● 胸部痛
腰痛は心筋梗塞でも発症します。「いつもと違う腰痛」がポイントです。
余談ですが心筋梗塞の初発症状として肩こりも挙げられています。

● 悪性腫瘍の病歴
癌の脊椎転移の可能性があります。

● 長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴
ステロイドの長期服用は骨粗鬆症の原因になります。
骨粗鬆症は病的骨折を起こします。

● 非合法薬物の静脈注射、免疫抑制剤の使用、HIVポジティブ
腰椎の圧迫骨折、感染症のリスクを高める要因になります。

● 全般的な体調不良

● 原因不明の体重減少
悪性腫瘍など内臓疾患による腰痛の可能性があります。

● 腰部の強い屈曲制限の持続
強直性脊椎炎などを鑑別する必要があります。

● 脊椎叩打痛
骨折している可能性があります。

● 身体の変形
脊椎の側湾変形があると姿勢がおかしくなりますが、希に学生でも特発性の側湾症が起こることがあり学校健診でも注意が呼びかけられています。若い女性で左右の肩の高さが違う場合、検査をおすすめします。

● 発熱
化膿性椎間板炎など細菌感染症の可能性があります。

● 膀胱直腸障害とサドル麻痺
椎間板ヘルニアなど神経根症の重症例で不可逆性の神経障害が起こっている可能性があり緊急手術が必要になることがあります。

 

普通の腰痛だと思っていたら、「脊椎の癌だった」「内蔵の病気だった」など極まれに危険な疾患が隠れている事があります。

治療するセラピストは画像検査よりも問診が大切と言われるくらいですから、レッドフラッグを常に頭に入れて介入していきましょう。

ただ、これらの危険な腰痛の頻度は極まれなものと報告されていますので、必要以上に患者さんを不安にさせてはいけませんし、安心させる事も必要です。




3、参考資料


マッスルインバランスの理学療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ) [ 荒木茂(理学療法士) ]









関連記事

スポンサードリンク