FC2ブログ
2018/09/26

筋肉量低下は死亡率を高める






毎週水はh.matsumotoさんの臨床に生かす論文レビーの掲載です。


短い記事ですが、なかなか目を通すことが大変な英文レビューのポイントを掲載していただいておりますので、非常に参考になるところが多いと思います。

すぐに読める記事ですので読んでみてみていただき、気になった論文は是非自分でも読んでみてくださいね!




スポンサードリンク



記事作成者:h.matsumoto





fc2blog_20180926151456055.jpg






65歳以上のフレイルおよびプレフレイル高齢者1487名を追跡調査した結果、

筋肉量が多いほど死亡率は低かった との結果が報告されています。



基本属性や身体機能で調整しても50%死亡率を下げるようです(Odds:0.50 、95% CI: 0.27–0.92、 P=0.026)。



死亡原因については記載なく、筋肉量と死亡の因果関係については考察されていませんでしたが、
大規模コホート調査ですので結果は臨床的な指標にはなります。



さらにここで用いられた計測はBIA法で行なわれていますので、普段の臨床でもこれが応用できます。
※BIA法:Bioelectrical Impedance Analysis。生体に微弱な交流を通電し、脂肪組織と除脂肪組織の生体の抵抗を測定し、その値より身体疎性を推定する方法。


BIA法は体組成計に用いられています。


つまり、体組成計で筋肉量の低下がある人にはその他の予後不良リスク因子(低骨量、低栄養)などのチェックができる有用な情報源となりますね。
PubMedで読む







関連記事

スポンサードリンク