FC2ブログ
2018/10/05

人工股関節は尿失禁を改善する??





IMG_1785.jpg




毎週水はh.matsumotoさんの臨床に生かす論文レビーの掲載です。


短い記事ですが、なかなか目を通すことが大変な英文レビューのポイントを掲載していただいておりますので、非常に参考になるところが多いと思います。

すぐに読める記事ですので読んでみてみていただき、気になった論文は是非自分でも読んでみてくださいね!



スポンサードリンク



記事作成者:h.matsumoto





IMG_1790.jpg






Is urinary incontinence the hidden secret complications after total hip arthroplasty?
Baba T, et al. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2014.


閉鎖孔付近から出ている股関節外旋筋は肛門挙筋と連結しており、これを含む骨盤底筋群は膀胱機能を支えています。

よって、人工股関節後方アプローチでは外旋筋に侵襲が加わりますので、

膀胱機能にも影響があるのでは?

というクエッションから調査したのが今回の研究です。




人工股関節術後の女性患者76名に対して調査しています。

前方アプローチを行った36名では術後22.2 %に尿もれの改善が見られ、2.8 %が悪化しました。




一方で、後方アプローチを行った40名では術後2.5 %の改善しか見られず、22.5 %に悪化が見られ、両群に有意な差がありました。

確かに写真では後方アプローチでは1.5年後、外旋筋群が萎縮して見えます。

IMG_1785.jpg





人工股関節置換術後の女性に対して骨盤底筋群体操が必要??

ですかね。



しかし、立証するには、もう少し大多数の患者でのデータ蓄積が必要です。
PubMedで見る






関連記事

スポンサードリンク