2016/11/15

くも膜下出血① 疫学(発症頻度・性差と年齢・動脈瘤部位・予後)






脳卒中データバンク2015で発表された本邦のデータを基に、くも膜下出血の発症頻度、性差、年齢、破裂度脈瘤の大きさと部位、予後について簡単にまとめました。



スポンサードリンク







■目次


 ▶発症頻度
 ▶発症年齢と性差
 ▶破裂動脈瘤の大きさと部位
 ▶予後
 ▶参考資料


発症頻度


くも膜下出血は脳卒中全体の5.6%を占めています。

出血性脳卒中だけで見た場合は23.2%の割合を占めていますが、2000年以降は年々減少傾向で推移しています。

これとは逆に、高血圧性脳出血は徐々に増加しています。

目次にもどる



性差と発症年齢


男女比は2:1で女性の発症が多いです。

これは、女性の方が平均寿命が長いことが影響している可能性がありますが、閉経後のエストロゲンの減少が関与している可能性が高いことが文献的に示唆されています。

エストロゲンには脳動脈の退行変性を防ぐ作用があるりますが、閉経期以降は、このエストロゲンの低下に伴い、脳動脈のコラーゲンや平滑筋が減弱していくため、脳動脈瘤が新たに発生したり、動脈瘤が増大や破裂しやすいと考えられています。

なお、このエストロゲンの関係もあるためか、男性と女性では発症年齢のピーク時期が異なります。

男性:50歳代がピーク 以降は右肩下がりに発症数が減少
女性:50~70歳代で右肩上がりに発症数が増大し70後半がピーク

目次にもどる



破裂動脈瘤の大きさと部位


破裂度脈瘤の大きさは6mm未満が57%、6~14mmが38%、15~24mmが4%、24mmより大きいものが0.7%と、男女伴に6mm未満の小型の破裂が多く大型になるほど破裂は少ないです。

部位は前交通動脈32.9%、内頚動脈-後交通動脈分岐部29.0%、中大脳動脈21.4%、前大脳動脈6.5%の順に多くなっています。

くも膜下出血の破裂部位と頻度

目次にもどる



予後


くも膜下出血の発症後の予後は1/3ルールでおおまかに分類でき、約1/3は死亡、約1/3は後遺症が残る、約1/3はADL自立といった経過をたどります。

転帰に関連する因子としては、脳卒中データバンク2015で4153例を用いたデータが参考になります。
転帰良好をmRS0~2、転帰不良をmRS3~6とし、これを目的変数としたロジスティック回帰分析の結果、以下の項目が転帰に関与する有意なの因子となりました。

くも膜下出血の転帰不良に関わる因子

ORはオッズ比といって、その因子がどの程度転帰に関与しているかを示しています。
つまり、年齢1.08倍、糖尿病1.07倍、H&KⅡ1.80倍、H&KⅢ3.87倍、H&KⅣ14.05倍、H&KⅤ32.1倍、Fisher分類4 3.31倍、水頭症1.69倍、症候性脳血管攣縮2.91倍、動脈瘤の大きさ15~24mm 2.24倍、転帰が不良になりやすいということになります。

目次にもどる


参考資料


1)脳卒中データバンク 2015

目次にもどる


↓記事がよければクリックをいだけると嬉しいです★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント