2017/06/06

リハビリテーション・運動療法の際のリスク管理 アンダーソンの基準(土肥変法)






checklist-1919328_1920.png


■目次


 ▶アンダーソンの基準(土肥変法)とは
 ▶アンダーソンの基準(土肥変法)
 ▶重要な注意点


スポンサードリンク




アンダーソンの基準(土肥変法)とは



アンダーソンが提案した運動療法を行う際の基準であり、これを土肥が修正したもの。
バイタルサインによって訓練を中止する場合や休憩して再開する場合などの指標として運動療法実施時に使用されます。


今ではリハビリテーションを行なっているどの施設にも実施基準があると思いますが、これをベースに実施基準を作られている施設も多いことと思います。

なお、土肥の変法の方がアンダーソンの基準よりも臨床上使用しやすいため、こちらが使われていることが多いですね。


▶目次にもどる

 
 

アンダーソンの基準(土肥変法)



Ⅰ.運動を行わないほうがよい場合
1)安静時脈拍数120/分以上
2)拡張期血圧120mmHg以上
3)収縮期血圧200mmHg以上
4)労作性狭心症を現在有するもの
5)新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの
6)うっ血性心不全の所見の明らかなもの
7)心房細動以外の著しい不整脈
8)運動前すでに動悸、息切れのあるもの

Ⅱ.途中で運動を中止する場合
1)運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合
2)運動中、脈拍が140/分を越えた場合
3)運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合
4)運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合

Ⅲ.次の場合は運動を一時中止し、回復を待って再開する
1)脈拍数が運動時の30%を超えた場合.ただし,2分間の安静で10%以下に戻らぬ場合は、以後の運動は中止するかまたは極めて軽労作のものにきりかえる
2)脈拍数が120/分を越えた場合
3)1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合
4)軽い動悸、息切れを訴えた場合

目次にもどる


 

重要な注意点



広い範囲の疾患を対象とした基準であるため、単純にこの負荷量通りに運動療法を投与すると、対象者によっては心肺機能の耐用性を超える負荷がかかってしまう場合があります。
近年では、平均寿命が高くなっており、多岐に渡る併存疾患を同時に有する対象者が多くなっています。また、ロコもやフレイルといった予備能が低い対象者も多く、使用の際には個別の症例に応じた基準値の設定が重要になります。


本ブログでは、心臓、呼吸、脳などなどの専門学会のリンクも掲載しております。各ページリンク先では、ガイドラインが無料で観覧できるものもありますので、そちらもご参照ください。


▶目次にもどる









↓にほんブログ村のランキング参加しています!記事がよければクリックをいだけるとランキングに反映されるので嬉しいです(о´∀`о)★
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



以上で今日は終わりです。

最後までお読みいただきありがとうございました!
関連記事

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント